【リフォームの声】段差のあった部屋を同居する父親夫婦のためにフラットに

大きな団地の中で比較的便利のいいところだったので、以前までは小さな商店というかお店をやっていましたが、事情があってやめてしまいました。 其のあとで息子のために洋間にリフォームして住んでいました。

ところが、息子が大学生になって家を出るようになり、暫くは空き室になっていました。 そして、その後にマンションに住んでいた父親夫婦が定年退職で会社をやめた後で、マンションを売り払って我家に同居するようになったのです。

其処で、空き室になっていた洋間を更にリフォームして和室に改造しようとしたのです。 其の部屋は年寄りが住むには最適な場所で、陽当たりの良い東側に向いていた庭にも面してもいたのです。 ところが欠点があって床面は土間の高さであり、次の間の部屋まではかなりの段差があったのです。

其処で、リフォームするときに段差をなくすべく、所謂、年寄のためにバリアフリーを考えて、フラットにすべく改良したのです。

結果として、1階部分はリフォームを行うことによって一部屋だった部屋が二部屋続きの大部屋になることが出来上がったのです。 1階は2LDK間取りになったのですが、建物自体は二階建ての造りで一階は元々は一部屋と店舗があったのですが、我ら夫婦と子供たちは勿論、2階で住まいと寝泊しています。

その後は新しく家族になった年寄り夫婦は、バリアフリーのリフォームで出来上がった2間続きの大部屋を、生活の場や趣味の部屋として有効に利用しています。