【リフォームの声】機能面をプラスして満足度の高いリフォームを実現

私の実家は、築25年の大手ハウスメーカーの鉄骨プレハブ造です。 約15年前に外壁の塗り替え工事をしました。 それから10年ほど経ち、外壁材の継ぎ目に水染みが目立つようになり、壁内への雨水の侵入を心配しリフォーム工事を検討していました。

当初、再び塗り替え工事をする予定でいましたが、塗装工事では外壁材の継ぎ目の処理(防水)が十分に出来ない事、10年から15年後にはまた工事が必要になる事などから、他の方法も模索していました。

ある住宅建材の展示会を訪れた際に、アイジー工業の【ガルスパン】という外壁材を紹介されました。これは、錆や浸食に強い”ガルバリウム鋼板”に板状の断熱材が貼られている外壁材です。リフォームで使用する場合には、既存の外壁を撤去せずに下地となる胴縁(角材)を打ち、これに新たな外壁を固定します。 すると、既存の外壁と新たな外壁との間に、胴縁分の隙間が出来、これが通気層となります。

これは、雨水の侵入や湿気に対し、建物を保護する上で大変有効な工事方法です。 ただ、塗装工事と比べ費用がかなり掛かるので、依頼を決めるまでに少し時間を要しました。

工事後は、本来の目的である建物を保護するという事はもちろんですが、機能面で断熱効果によるエアコンの効きの良さを得ることが出来ました。 これは塗装工事では得にくいものです。 ちなみにこのメーカーからは、【ガルテクト】という同じ構造の屋根材が出ています。 外壁工事で足場を掛けましたので、同時に屋根もカバー工法で施工すれば良かったかな?と少し後悔しています。

リフォームは見た目を綺麗にする事は当然の事ですが、機能面がプラスされる事により、更に満足度の高い工事となります。