【リフォームの声】普段から触れるところをバリアフリー

私は家族がいるのでバリアフリーは無視できなかったです。古い家だったのでリフォームは必須で家族と相談しました。色々な意見があってとにかく手すりの設置は重要でした。後は部屋の扉の段差をなくすことを考えました。

バリアフリーのリフォームをする時は、私は計画を立てて手すりをつけることに集中しました。結果的には玄関付近と家族の部屋の周囲に手すりをつけました。

その他には扉の下に段差があって危険でした。具体的には廊下と部屋の段差があったのでリフォームしました。こういう部分をバリアフリーのリフォームをすれば生活が楽になると思いました。

バリアフリーのリフォームをする以前は家族のことを意識する時間がなかったです。しかしリフォームを終えると家族から感謝の言葉を言われて驚きました。つまりバリアフリーのリフォームで結果的に家族の生活が楽になったのです。そういうことを感じてお金を払ってバリアフリーのリフォームをして意味がありました。

アドバイスとしてはバリアフリーにできる場所は多いと思います。床や階段などもバリアフリーのリフォームの指定個所になります。経験としては家を細かくリフォームするよりも普段から触れるところをバリアフリー化すべきです。