【リフォームの声】早くユニットバスに変えておけばよかった

築50年の家をリフォームしました。当初はキッチンを中心に、長年納戸となっている日本間を洋間にするという計画でした。増改築を重ねている古い家なので色々問題はあるとは思っていました。

リフォーム予定になかった浴室に最も問題があることがわかりました。タイルにステンレスの浴槽といった古い浴室でしたが、数年前に給湯器をかえた際にひび割れ等修理してもらっていたので直す予定はありませんでした。ひび割れがまた新しくできていたのは気にはなっていたのですが予算の関係もあり、それに古いお風呂が気に入ってもいました。今どきのユニットバスは好みでなかったこともあります。

早急にお風呂を何とかしないと、家が傾きかねないということでした。キッチンリフォームは後回しになり、まず浴室をどうするかということが先決でした。

もとがユニットバスなら、そのリフォームはさほど大変でないかも知れません。でも、規格外の古いタイプの浴室のリフォームは想像以上に、大工さんの手間と時間と費用がかかります。本当に大変なことです。

ユニットバスに変えて、今はお風呂の掃除も楽になりました。なぜ、もっと早く水回りのリフォームをしなかったのかと後悔しています。水漏れがない段階だったなら、もう少し費用も抑えられたでしょう。お風呂のひび割れを放置してはいけません。お風呂だけでなく、すべての水回りに言えることです。