【リフォームの声】新しく建てるよりリフォームが現実的

我が家はもともと中古で購入した築40年を超える木造住宅で、お風呂や屋根、キッチンをリフォームしました。本来祖父が購入した家だったので、もうローンは終わっており、建物を新しく購入したりするよりは都度都度修理やリフォームをする方が経済的にも現実的だと考えています。

自宅の前の私道は車1台が通れる程度に狭く、もし近所の方が出入りしたいときはいちいち入れ替えらなければいけない状況です。作業中の工事音もだいぶ大きなものがでるので、これからリフォームを考えている方は、事前に周りにあいさつを言っておいた方がいいと思います。とくに屋根をやったときは振動がすごく、机で落ち着いて集中できませんでした。

実際にやってみて、お風呂は感動的でした。毎回自分自身でお湯の温度や量を気にすることなく、自動で勝手に適温でお湯はりをしてくれるし、むかしながらのタイル張りのものよりも浴室内が寒く冷たくなく、深くて幅が狭かった湯船が浅く少し足をたたまずに済むようになってとても嬉しかったです。

もし使っている機器が故障したりで料金が高くなるようでしたら、思い切ってリフォームしてしまうのも手かなと感じます。それほどまでにやってよかったです。