【リフォームの声】拘ったバスルーム

これまで私の家庭では、リフォームをしようしようと言って中々前に進むことができませんでした。その原因としましては、親と同居していることで中々リフォームの話が前に進まなかったのです。

そこで考えた内容としましては、100聞は1見にしかずで、父と母に広さに拘ったバスルームを見せました所、「リフォームしよう!」と言う形になりまして、話しが急加速してトントン拍子にお風呂場のリフォームが進行していく形になりました。

また、母親はリウマチで車椅子を使用することもありましたので、バリアフリー化を進める形で、トイレに手すりと段差をなくす形で、バリアフリー化もバスルームとトイレを繋ぐ廊下で実施することができました。

広々としたバスルームに拘った所、父親と母親の希望を叶えられる形ともなりまして、ゆったりとしたバスルームで親子でゆったりとお風呂に入れたり、家族全員で入れるゆったりとしたバスルームで本当に、良かったと思いました。

やはりリフォームを検討している段階であれば、するに越したことはないと思います。それが家族の幸せにつながると思いましたので、あのまま狭いお風呂では家族関係も円滑にいくことはなかったと思うのですが、リフォームできて本当に良かったです。