【リフォームの声】戸建て住宅用システムバスのリフォーム術


タイル壁の目地の部分に黒ずみがはげしく、浴槽もきちんと掃除はしているのですが、何かヌルヌル感があり体を休める貴重なお風呂の時間が不衛生な感じがするのは正直しんどいと思ったのが理由の一つです。また、システムバス自体も問題で設定温度通りに沸かないし、追い炊き機能が壊れてしまって家族全員が入っていると最後の方は冷めてしまうなど機能的な故障が最大の要因です。

リフォーム前までは、お風呂の掃除は労力もかかるし、面倒なので手を抜きがちだったことは確かです。だから、今回は楽に掃除が出来ること、防かび・防さびなど長持ちすること、また、浴槽は高断熱で追い炊き機能と浴室暖房などの寒さ対策など今回のリフォームは箇所は多岐に渡りましたが、これが我が家のリフォームの全貌です。

完成した浴室には大いに満足しているのし、快適なお風呂の時間を満喫してるのですが、あれもこれもと欲張りすぎたのか、当初の予算からはみ出てしまったことが反省点です。これから浴室のリフォームをする方は、自分たちのリクエストが多ければ多いほど、コストが高くになっていくのは必然です。

素材選びや機能選びで上のグレードは確かに良いです。でも、自分たちが快適なお風呂に入るためだけと考えるならば、あまり高望みすることなく、適当なところで手を打ってみてはと思います。