【リフォームの声】床をリフォーム

私の家は昔ながらの家で各部屋ごとに仕切りがあります。祖父母がその敷居に頻繁に躓いており、時には転倒してしまうほどでした。敷居を埋める道具も使いましたが傾斜がどうしても生まれてしまい、結局は躓いておりました。

また畳の部屋とフローリングの場所があり、そこで10cm程度の段差もありました(寝室はその畳の部屋)。そのため床を一面バリアフリー化することに決めました。バリアフリーをするにあたり床自体を張り替えることになり、敷居を丸ごと解消することが出来ました。

また畳の部屋は一度つぶしてしまい、改めてフローリングの部分と段差が生まれないように作り直してもらいました。細かな段差が解消されたことで祖父母は家の中を歩く際にとても快適になったと言っています。これまでは部屋を移動する際、その度に壁に手をついて注意して移動していました。またその度に躓かないか家族の視線が集まっておりストレスとも言われました。

バリアフリーにしてからはそのストレスからも解放され、とても喜んでいます。私も敷居が亡くなったことで片付けや掃除などもしやすくなり、助かっています。また床を一面リフォームすることになったため金銭的な負担は高くつきました。しかしお金を渋ってはこれほどまで快適な生活を営むことはできなかったでしょう。バリアフリーのリフォームをするのであれば最大限快適に過ごすことが出来るよう、お金は惜しまずに使う方が良いと感じています。