【リフォームの声】床をやわらかくすることで、転んだ時も負担を少なく

高齢者の両親は足腰が弱り、後期高齢者になってからは、よくつまずくようになったので、家の中の段差は極力減らしたいなぁと思い、バリアフリーにすることを色々考えるようになりました。

お風呂場の段差はかなり危険なことがわかり、そして和室から廊下にかけての段差など、家のいたるところに段差があるのがわかったのでリフォームすることにしました。

プランを立ててもらい、予算も相談しながらじっくり考えて対応してもらいました。やはりリフォームする際には費用もしっかり検討しておかないと大変になるので、予算の範囲内でバリアフリーにすることにしました。

そして床も柔らかくすることで、万が一、転んだ時も負担が少なくするように色々と対策してもらいました。こちらの要望もきちんと取り入れて下さり、スムーズにリフォームすることができたので、かなり満足できました。

バスルーム、トイレ、キッチンなど、寒くないように暖房を設置したり、床も全て柔らかくしたことで歩きやすくなり、快適なバリアフリーにリフォームすることができました。