【リフォームの声】床の段差をなくすことで効果あり

家は古くて高齢者には向いていないという気持ちがありました。実際に田舎の古い家で祖父母と暮らしていてバリアフリーが必要だと思ったのです。特にドアの下の出っ張った部分が危険で直すことを考えました。

その他には床の段差を消すように工事しました。ドアと床の間の段差もバリアフリー化したので綺麗になった印象です。それで車椅子も自然に通れるようになったので家族も喜びました。

感想としては未来に対する不安が小さくなりました。やはり高齢者と暮らすならバリアフリーのリフォーム工事は必須だと思いました。特に床の段差は整備しないと大きなけがの原因になります。

リフォーム前は料金や完成後のことで大きな不安もありました。しかしバリアフリーを試してみると家族がスムーズに部屋を移動できるようになりました。

結果的に床の大部分を一体化させることができて幸運でした。段差が消えたので高齢者が安全に歩けて良かったです。バリアフリー化をさせるならまず足元に注意すべきです。余裕が出たら手すりやトイレ風呂場などをリフォームするとよいのではと考えます。