【リフォームの声】年齢を重ねないと分からないことを祖父母に聞く

私の家では、70歳を過ぎた祖父母が同居していたために、一緒に生活する上で、足腰が弱くなっていたり、心臓が強くない祖父母だったため、安全のために家をバリアフリーでリフォームすることになりました。

祖父母の部屋から廊下を通ってトイレに行く道に、手すりをつけ、トイレの中にも手すりをつけて、立ち上がりがしやすいようにしました。夜中もトイレに行く回数が増えるため、寝起きで足元がしっかりしていないときには、手すりがあるとかなり安心感が増えます。

また、お風呂に行くときにもお風呂の前に着替えや休憩が出きるように洗面所に壁に収納できるタイプの椅子を取り付けました。年齢を重ねないと分からないことですが、お風呂上がりにすぐには着替えができずに、スコシ休憩してからではないと服がきれないとのことで、洗面所に椅子があるのはとても便利だということです。

廊下と、トイレと、洗面所の3ヵ所をバリアフリーを考えてリフォームしたことで、祖父母もとても生活がしやすくなり喜んでいますし、同居している私たちも、祖父母がスムーズに移動して行けるのを見て安心です。

少しの事なのですが、手すりや椅子などの手助けしてくれるアイテムが増えることは、バリアフリーに大切だと感じました。