【リフォームの声】屋根塗装と外壁塗装

建売住宅を購入して20年弱経過した頃に、屋根塗装と外壁塗装を行いました。屋根は黒色のスレート瓦が少し白っぽく粉を噴いた様に見え、また外壁には細かいクラックが走り、指で壁をなぞると白い粉が着くチョーキング現象も見られました。 屋根塗装や外壁塗装は、雨水から住宅を守るために必要なメンテナンスで、放置していると雨水が住宅に侵入し、梁や柱を腐食させ、住宅寿命を短命にする恐れがある事を知っていたので、そろそろ塗り替え時だと考えました。

そこで屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。事前に塗料との打ち合わせをした上で、見積もりをもらいました。もらった見積もりは、ネット等で調べた相場よりも少し安い感じであったので、その塗装会社にお願いしました。 足場設置の業者さんも、塗装会社の職人さんも、気さくで丁寧に仕事を進めて下さり、特に業者選定を誤ったと言った後悔はありませんでした。

外壁の塗装が完了し、最後に濃い茶色の塗料で雨どいを塗られると、薄いクリーム色にくっきりと雨どいの濃い茶色がアクセントとなり、非常に素晴らしい仕上がりで、新築時の美しさを取り戻しました。 もちろん、先に記載した様に、屋根や外壁塗装は見栄えの為だけに行うものではありませんが、美しくなった外観を見ると、思い切って行って良かったと改めめて思いました。 外壁塗装はメンテナンスのリフォームとして必須であり、信頼できる業者さんを探して、適時行う事がやはり重要と言えます。