【リフォームの声】屋根・外壁と一緒にベランダも

マイホームは築15年目になり、だいぶ屋根部分にコケが生えて傷んでいるのがわかり、そして壁は指で触るとチョークの粉っぽいものがつくようになり、これはリフォームしたほうが良いなぁと思いました。

壁はチョーク現象が起きているので、塗装をしたほうが良いし、屋根もだいぶコケがついているし傷んでいるので塗り替えしましょう!ということになりましたが、ベランダもだいぶ劣化しているので、防水しなおした方が良いでしょうとアドバイスを受けたので、一緒にチェックしてみました。

やはりベランダの床部分にはコケが生えるなど、かなり床部分の劣化が進んでいたし、防水を早い段階でやっておかないと後々、家はかなり傷んでくるのでベランダも含めてリフォームすることにしました。

屋根はガイナの塗装を行い、直射日光から守るようにするなど、ちょっと工夫するようにしました。じっくり話ができたので、色々と相談しながらカラーを選んだり、下塗りを2回してから塗料を塗るなど、屋根部分にガイナを使うことで、2階部分の温度が少し軽減されることなど、詳しい内容が把握することができ、とても満足度が高いリフォームを行うことができました。