【リフォームの声】屋根のリフォームの大事さ

今回、倉庫の屋根が錆びてきて、穴が開く可能性があることを指摘されたため、慌ててリフォームすることにしました。倉庫には金属屋根を使用していたため、カバーといった手法をとることが出来ず、全体的に葺き替えを行いました。

正直なところ、リフォームしなくともまだまだ使い続けることができると考えていた倉庫でしたが、リフォームをするとどれだけ劣化していたかが分かるようになりました。雨漏りはなくなり、見栄えも良くなり、一見して新しく倉庫を建てたのかと思ってしまうほどになりました。事実、ご近所に住んでいる方に、いつの間に建て替えたのかと聞かれるほどでした。そのため、今後は劣化してきたら進んでリフォームに踏み切ろうと思えました。

また、これからリフォームする方へ、ここだけは気をつけたいポイントを一点述べたいと思います。今回、私はリフォームでこれほどまでに屋根が変わるとは考えておらず、リフォームする際にカラーを選べたのですが、適当に前回と似たようなものを選んでしまいました。しかし、いざリフォームを済ませると、予想以上に鮮やかなカラーで塗り替えられており、これならもっと好きな色にすればよかったと後悔しました。屋根をリフォームすることは、その建物自体をリフォームすることにもつながると痛感し、今後はこの経験を忘れないようにしようと感じました。