【リフォームの声】屋根と外壁を予算に合わせて

建売住宅を購入して20年近くが経ち、外壁を指でなぞると白い粉が着くと言うチョーキング現象が見られるようになりました。クラックはそれほど入ってはいないので、まだ大丈夫だろうと放置していたのですが、そろそろ塗り替え時だと思い、屋根塗装と合わせて行う事にしました。

下見をしてもらい、見積もりをお願いする前に塗料種類をどうするかを相談しました。コストパフォーマンスが良いとして最近最もよく使用されていると言うシリコン系で見積もりをしてもらい、予算面からこの塗料に決めて塗装工事をお願いしました。

外観も綺麗になり、細かいクラックもなくなり、つるっとした表面に触れると、これで10数年は心配ないとほっとしました。しかし、もう少し早めに屋根・外壁塗装のリフォームの為に資金の積み立て準備をしていれば、もっと寿命の長い塗料や遮熱塗料等の選択肢もあったのにと、少し後悔も残りました。

マンションでは分譲購入した時から、大規模修繕費が強制的に積み立てられています。これと同様に、戸建住宅を購入された方は、購入時からこうしたリフォーム費用をコツコツ積み立て、選択肢の幅を広げられるようにしておかれるのがお勧めです。