【リフォームの声】屋根と壁のリフォームをしました

建売物件で住宅を購入し、13年ほど経ったのでリフォームも必要だなぁと感じていました。特に壁は手で触るとチョークのような粉がつき、これはチョーク現象といって塗装やリフォームした方が良い時期になってきました。

特に壁は太陽が当たる部分と日陰の部分では劣化にずいぶん差があり、そして日陰部分はコケも生えているので、しっかり塗装することで劣化を防ぐことができるので、リフォームすることにしました。屋根もコケの胞子が付いているのを写真で撮影してもらい、確認することができたので早めにリフォームすることにしました。

屋根と壁の色を変えた方が良いと思い、屋根はオレンジ色にして壁はクリーム色のかわいい雰囲気の自宅にしました。建売物件だと一般的な家になるので、どうしても特徴がないですし、やはり素敵な雰囲気だと住まいをアレンジするのも楽しくなるので、リフォームするのはとても楽しみにしていました。屋根と壁のリフォームをしたことで、雰囲気もずいぶん変化したし子供も喜んで家族でカラーを決めたので、とても愛着がわきそして屋根はガイナの塗料を使用したことで、劣化を防ぐ効果が大きいです。