【リフォームの声】屋根とバルコニーを同時に

私の家では、屋根とバルコニーのリフォームを同時に行いました。

屋根やバルコニーが壊れてきていたからリフォームをしようと決めました。

まず屋根については、築20年以上になって徐々に壊れてきているのが分かっていました。屋根が壊れた所から鳥か何かの動物が入り、2階の天井裏を歩く音が夜に頻繁にするようになりました。

このまま壊れた屋根を放置しておくと、雨漏りがするようになり、家全体が住めないくらい壊れていくということを建築関係の方から聞き、できるだけ早めにリフォームしようと思いました。

バルコニーに関しましては、外から見ても柵のところが錆びて、見た目が非常に悪くなっていました。バルコニーの柵が腐って落ちても危険だと思い、屋根と同時にリフォームしようと思いました。

リフォーム前は、家に壊れた個所があるということで、生活していて不安感がありました。しかし、施工中に徐々に壊れた部分が修理されてしっかりとしたものになっていくと、安心感が出てきました。リフォーム後は、完成された新しい部分を見て、とても嬉しく安心しました。

屋根の素材等は詳しくは分かりませんが、かなり良い素材で作ったため、私たちが生きている間は、屋根は壊れないだろうということでした。