【リフォームの声】将来の為にバリアフリーに

将来的なことを考えて、バリアフリーにしておいたほうが、年を取ったときに安心だと思いました。階段の踊り場のあたりの手すりをつけたということと、お風呂を手すり付きにしてバリアフリー、段差がないように作りました。

リフォーム前は、手すりなどがなく、階段をある程度登れば、途中から手すりがなくなってしまいますので、少々不安な面がありました。今はまだ年齢も若いので、問題はないと思いましたが、足腰が弱ってきたり、将来的に何か二階に上がるときに不便だと思いました。

お風呂は、手すりをつけた、バリアフリーのお風呂にしました。リフォーム後では、やはり便利になりましたし、これからリフォームをする際には、将来的なことも考えて、バリアフリーにしておいた方がいいと思います。