【リフォームの声】寒暖差を無くして親が住みやすいように

親も70歳を超え、高齢者になったのでトイレやお風呂場、キッチンなど段差があると使いにくいですし、リフォームすることにしました。

お風呂場とトイレは室内との寒暖差がかなりあるので、断熱材を入れて寒暖差があまりないように暖房を入れたり、断熱材を活用してリフォームすることにしました。リビングも底冷えするので、まずは床暖房を入れるなど色々と対策することにしました。親が住みやすいよう、高齢者も安心できる住まいつくりをすることにしました。

室内のちょっとした段差なども躓いてこけることも多々あるので、段差をなるべくなくすようにしました。断熱材をお風呂場に入れたことで、かなりお風呂場へ行くのも苦痛ではなく、無理なく利用することができるようになり、親もかなり快適になりました。やはりリラックスできる環境で落ち着いて生活できることで、とても住みやすいバリアフリーの環境になり、穏やかに生活できるようになりました。