【リフォームの声】家庭内でバリアフリー化リフォームに成功

私が家庭内におきまして、バリアフリー化リフォームに成功した事例についてですが、私の家庭では、私の父親と母親と一緒に共同生活しております。しかし、母親が非常に足を悪くする形でリウマチ系の神経系の病気を発症しており、足が非常に重たく関節が曲がらないと言う形になっております。

車椅子等や杖を推奨するのですが、どうしても、それに頼ってしまうと、身動きが取れなくなってしまうと、いつも使用するのを拒否しております。そして母親はいつも、ゆっくりゆっくり1歩づつ噛み締めて歩くような形で、頑張っているのですが、その頑張りの動作を円滑にして上げたいと思い、家庭内の廊下や、トイレにすいて全て手すりを付けてあげるようにリフォームする形にしました。

手すりを廊下と、トイレに全て付けて設置していくような形にしました所、母親がスムーズに行き来できるような形に仕上げることができました。やはり、母親の動線に全て手すりを付けるようにしたことにより、母親自身が喜んで移動できるようになった点が非常に素晴らしいと思いました。トイレも足が痛い足が痛いと言って大変不便そうな形であったのですが、手すりを利用してゆっくりしゃがむ事ができておりますので、良かったと思います。