【リフォームの声】家全体をバリアフリーリフォーム

両親が高齢になってきた機会に、家の中を全体的にリフォームすることにしました。

内装のリフォームを中心に工事を実施することになりましたが、併せて高齢な両親が住みやすくなるようにバリアフリー対策を盛り込みました。 まず、立ったり座ったりする際に少しでも負担が軽くなるように、玄関の框あたりやトイレの便器の横、お風呂に手すりを設置しました。

手すりには体重が掛かることになるので、しっかりと合板で下地を取り付けてから施工を行ってもらいました。 また、靴を履いたりする際に腰を掛けることが出来る椅子を玄関に設置しました。

トイレの便器も古いタイプだったので、すごく座りにくいため、新しい大きな便器に交換をしました。 便座にはウォームレットを設置しているので、冬場に座ってもすごく温かいです。

お風呂の手すりもとても役立っており、お風呂から出る際に手すりを使って立ちあがることが出来るので、すごく便利になりました。 その他、バリアフリー対応として室内のドアの下のちょっとした段差が無くなるように工事を実施しました。

ちょっとした段差でも高齢になると躓いて怪我をしてしまう恐れがあるので重要な対策となります。 室内の段差が無くなったことで、両親も過ごしやすくなったと喜んでくれました。