【リフォームの声】家のトイレのバリアフリー化の注意点

家のトイレのバリアフリー化について、極力段差をなくすため後々のことを考えた場合、車椅子でトイレの横に接岸出来るようにする事でトイレを利用しやすいようにしました。トイレに車椅子で移動する際、車椅子が移動しないように固定するテープをスロープに取り付けることで車椅子から立ち上がった際、車椅子が勝手に移動することが亡くなるためトイレに行きやすくなります。

車椅子単体のブレーキでも一応効果はあると思いますが念のために固定するテープをスロープに取り付けておいたほうがよいです。また扉には出来るだけ段差をなくすことが重要です。そうしないとひっくり返る可能性が高いので、以前知り合いの家がスロープだけをトイレの前に設置して段差をなくしていなかったため足の悪いおばさんがひっくり返り骨折をしたのを見たことがあるためです。

リフォームのポイントは年々、足が悪くなることを想定し、車椅子をそばまで接岸できるようにすることと、足が持ち上がらなくなりますので段差をなくすこの2点は注意をしたほうがリフォームは成功しやすくなります。逆に段差をなくさず、スロープだけつけても移動する際足が動かなくなるため、移動できなくなります。

間取りを広くする必要がありますので壁を薄くしたりドアを取り払う工事が必要になりますがその分、足の悪い祖母の様子が伺えるためドアを取り去ることや壁を薄くすることは悪くないリフォームです。