【リフォームの声】実家の両親の寝室を改装

実家は昔ながらの日本住宅です。築年数は20年を超えています。 両親の寝室は、もともと二間続きの和室でした。その部屋に、布団を敷いて休むという生活をしていました。ですが、年齢とともに、床に敷いた布団を毎日押し入れの中に仕舞うことが難しくなりました。

父は呼吸器系の病気を抱えていたので、動くことがしんどく、やがては車いすのような生活になることも予測できました。

いろいろな場所のバリアフリー化を考えていましたが、タイミング的に、畳を変えないといけない、ということもあり、また、お金の活用の関係もあって、まずは、寝室の畳を変えるのではなく、寝室をフローリングにして、そこにベッドを置くという生活にしようということになりました。

問題は、敷居でした。敷居をどうするか、ということになり、結局、寝室の方を一段高くする形にしました。この一段というのは、車いすを押して、その段差を超えることができる、かつ、段差があるということを、視覚的に認識しやすい、ある程度の高さで行うことにしました。年配者がつまづいて、転倒するというのは、たたみのふち、敷居といった、ごくわずかの段差で、それを意識しないで、足を上げるから、ということで考えた策でした。