【リフォームの声】実家のトイレを洋式に

築35年以上経つ実家は木造で2つあるトイレのうち一つは和式でした。両親が若い頃は和式トイレでも特に不自由がなかったのですが、高齢になってきて和式のトイレの段差に上がることや、用を足した後に立ち上がる時ちょっと不自由を感じるようになったようです。

和式の頃のトイレは用を足すために約40センチくらいある段差を上がる必要があったため、最近膝や腰に辛さを感じている両親にこの動作が辛いことはよく分かりました。

このため、思い切って和式トイレを洋式トイレに変えるリフォームを行いました。 費用は思っていたより安く、「用を足すのが楽になって水の流れも良くなった」と両親共に喜んでいました。

長年使ってきたトイレをリフォームするのはちょっと気が引けるかもしれませんが、やはりトイレは毎日数回使用するものですから、長い目で考えたら絶対使いやすいものに変えたほうが良いと思います。

ちなみに、トイレをリフォームしてからは節水やトイレを流す際の音の軽減にも役立っていると言っていました。 洋式の新しいトイレのほうが少ない水の量で勢いよく流すことができるようです。

私も実家の新しいトイレに初めて入ったときは、音の静かさに驚かされました。 自分の住んでいる所もトイレをリフォームしたい気持ちになったほどです。