【リフォームの声】安全と快適を求めて浴室をリフォーム

実家の浴室。築25年以上の古い一戸建て住宅のため、リフォームしたい箇所はたくさんあるのですが、特に冬の浴室が寒くて湯船のお湯がすぐにぬるくなってしまうこととカビなどの汚れが取れずリラックスして入浴できないことが悩みで、浴室のリフォームを依頼することにしました。

また段差をなくしたり手すりを付けた浴室にすることにより、両親がより歳を重ねても安全に入浴できるようにしたいと考えたのも、リフォームに踏み切った理由の1つです。

浴室の床をすべりにくい素材にすること、浴槽と洗い場の間と浴槽に手すりを設置すること、そして出入り口と浴室内の段差をなくすことの3点。さらに断熱材も追加して、暖かさをアップさせました。

結局ユニットバスを選択した際、カタログだけではわかりにくいので、モデルルームで展示されているユニットバスを見に行きましたが、これは是非実行してほしいポイントです。

リフォーム工事をしている間は自宅のお風呂に入ることができないので、両親は近所に銭湯があったのでそちらを利用。工事の間どうするかを考えておくのももちろん必要不可欠なポイントです。