【リフォームの声】子供の学費やらで、家のメンテナンスに回らず雨漏りがきっかけ

屋根・外壁リフォームをしました。

ことのきっかけは、築年数が20年経っていたこと、それと何より波風という屋根の側面板が反り反ってしまい、屋根中に雨水が入ってしまうからが、一番のきっかけとなり再塗装しました。

通常の戸建ての外壁、屋根塗装は築15年ぐらいでやられたほうがいいそうです。わかってはいたものの、子供の学費やらで、費用が家のメンテナンスに回らず、おざなりになっておりました。

なぜ15年かともうしますと、そのぐらいで年月で雨、風、太陽光で塗装の効力がなくなるからだそうです。外壁を手の指先で擦ってみてください。粉のような跡が指の平に着けば、塗り時です。

自宅外壁は陶磁器系サイディングという外壁で、一般的に戸建ての外壁です。3回塗りが通常ですので、これは覚えておいたほうが良いです。屋根はスレート屋根という種類で
これも一般的な屋根です。こちらも3回塗りが通常です。

施工手順は、足場組立⇒高圧洗浄⇒屋根・外壁下塗り⇒外壁の隙間部分のコーキング⇒本塗り2回です。塗料はエスケー化研の水性塗料でした。油性、その他もあるとのことですが、比較的安価な塗料としてもらいました。

一番重要なのは、外壁の素材が経年劣化でダメになってから塗装しても無駄であり、塗装後、外壁・屋根は保持できないということです。15年ぐらいで一度塗装を、10年でも良いと思います。