【リフォームの声】大規模な水回りリフォーム


浴室および浴槽、洗面所、台所のシンク、トイレをすべて交換しました。交換の理由は老朽化と最新の機器にしたいという考えからでしたが、他の部屋のリフォームも含んだ施工を同時に行ったため、施工中の生活はかなり不便でした。トイレおよび全ての水道が使えない時間などもあったため、近くの公園のトイレを利用することもありました。

また、風呂は近所の温泉施設を利用してしのいでいました。リフォーム後は風呂は自動で給水、湯沸かしができるものへ、トイレはウォシュレットへ、キッチンは湯沸かしを内蔵したものへと変化し、蛇口はひねるタイプからレバー式へと変わり操作が大幅に楽になりました。ただし、キッチンの水回りの湯沸かしの性能は瞬間湯沸かし器よりもかなりスピードが遅く、しばらく水を流さないとお湯が出ない仕様になってしまった部分は致し方ないとは言え失敗を感じました。

リフォームをやって思ったのは流石に施工後は大幅に便利になったということと、施工時の生活の不便さがきつかったことで、これからリフォームを行う方は段階的にリフォームを行うかアパートなどを利用してそちらで生活して工期を待つなどをするのもよいのではと思います。