【リフォームの声】大型台風で家の中にぼたぼたと雨が降ってきたときのこと

大型台風が来た年の夏、雨漏りで部屋が大変なことになったことがありました。 ぼたぼたと雨が降っているかのようになってしまいました。 お陰で、布団一式2組分と畳一部屋分をダメにしてしまいました。

後日確認してみると、瓦屋根なのですが、遠目で見た感じは異常はありませんでした。 ですが、屋根に昇ってみると老朽化して瓦と瓦に隙間が空いていました。 そこから横殴りの雨が入ってきていたようです。 風では殆ど飛んではいませんでしたが、よく見ると欠けている瓦もちらほら見かけました。

こうしていても雨漏りは治らないので、一番老朽化が酷い箇所だけリフォームしてもらうことにしました。

屋根に関しては一部の瓦と屋根素材を交換して防水加工をしてもらいました。 外壁も雨が打ち込む箇所を修繕してもらい、雨除けも新しい物に替えて頂きました。 今回は実害が出てからリフォームを行ったため、余計な箇所まで手を入れなければいけませんでした。 以前から部屋がずっと湿っぽい感じがしていたので、もっと早くに発見できていればと後悔しています。

今回の事で家も住んでいれば古くなるもので、小まめに手をいれてあげなければなと感じました。