【リフォームの声】大切な祖父母のために

「祖父母が70歳を過ぎたために」

僕の実家は母方の祖父母と同居をしております。日々楽しくみんなで暮らしていたのですが、一つだけ不安がありました。 それは母方の祖父母が、70歳を過ぎて、「腰が弱い」「立つのが時間かかるんだよ(笑)」なんていう声が上がったので、父が「そろそろリフォームでもしますか?」という事になりました。

「水回りのリフォームと段差を極力なくしました」

やはりお年寄りにとって一番辛いのはトイレです。そこでトイレの壁に手すりを2本ほど追加して、バスルームにも手すりを1本ほど設置したのです。大分トイレもお風呂も楽になったとの事でしたので、嬉しかったです。

そして、玄関の段差やらキッチンの段差、寝室へ入る際の段差等も極力なくして、バリアフリーにしました。バリアフリーをしてみての感想ですが、する前と考えは変わりました。それは「やっぱりお年寄りにとってはちょっとの段差やら立ち上がる際に補助的役割を果たすものやら障害物は辛いんだな」と再認識をさせられました。

これからバリアフリー化にリフォームを考えている人は、やはり水回りの改修と段差、更には何かあっても良いようにナースコールではないですが、コール等も設置するとお年寄りにとっては安心だと思います。予算はかかりますが、後々自分たちもお世話になると思えば、コスパはかなり良いと思います。