【リフォームの声】大きくなった子供のための部屋の壁紙リフォーム

子供が生まれる前に家を設計し建てました。いずれ男の子と女の子が1人ずつ産まれる、というつもりでいたこともあり、2つある子供部屋の壁紙を片方はグリーン、片方はピンクの壁紙にしました。

ですがいざ生まれてみたら子供は姉妹、ピンクのほうはいいけれどグリーンのほうがボーイッシュすぎるということで、子供本人からクレームが入ってしまいました。そう気軽に壁紙なんて張り替えるものでもないと思っていたのですが、頼むことにしたのです。

ちょうど下の娘が中学生になるということで、勉強しやすい落ち着いた雰囲気の壁紙にすることにしました。私は無地でも良かったのですが、真っ白などは気が散るので反対に良くないということでした。自分の部屋だし、もう娘に壁紙選びを任せることにしました。娘が選んだのはぱっと華やかな壁紙で、少々親の私からすると派手かなと思ったのです。全面に貼るとまた違った印象になるよと言われて、しぶしぶ承諾をしました。娘に任せて失敗だったかなとも思っていました。

でもいざ張り替えてもらったら、部屋の雰囲気ががらりと変わって素敵な印象になりました。娘は大満足で、お姉さんらしい部屋になったし勉強も頑張る!と張り切っていました。