【リフォームの声】外壁塗装リフォームで住宅寿命の短命化が防げた

建売住宅を購入して15年を過ぎ、ダイニングキッチンの大規模リーフォームを行いました。それ以外にも、室内で色々とリフォームしたい箇所がありましたが、それらを諦め外壁塗装のリフォームを行いました。

外壁の塗膜が劣化し、クラックがひどくなると、雨水が浸透して住宅の柱や梁を濡らし、腐食させて住宅寿命を短命にするリスクを知っていました。いくら室内を綺麗にしても、住宅の構造体が劣化して、住宅に長く住めなければ意味がありません。そこで他の部分のリフォームを我慢して外壁塗装を優先したのです。

足場を組むところから、雨の日もあり20日弱で塗装工事は終わりました。 塗装前には壁面を指でなぞると白い粉が着くチョーキング現象があったものが、つるりとした表面になり、新築時の美しさを取り戻しました。 その仕上がりを眺めつつ、費用も結構掛かったものの、これでまた15年~20年は、雨水の浸透による住宅寿命の短命化の心配をせずに済むと、大きな安心感を得る事が出来ました。

戸建住宅の場合、自分で塗装費用を積み立てて、適時塗装できる準備をしてでも、外壁塗装でマイホームを守る事が大切だと思います。