【リフォームの声】変身した広く使える押し入れ

住んでいるマンションは、見た目がとにかく古いです。 ですが住んでいる時には、昭和の香りがする温かい空間でもあります。 その温かい空間を作ってくれるのが古い柄をした押し入れと畳の部屋です。 しかし部屋が古い作りのためか、押し入れが小さく出来ています。 そのため押し入れのスペースは狭くモノを余りしまえない所が、住んでいてネックになっていました。

そこで、押し入れをリフォームしたのです。

リフォームの形は二段になっている部分を無くしてスペースを広げる事でした。 押し入れの施工期間は、打ち合わせをしたので短く終わりました。しかも押し入れが、広くなり開放感のある部屋になったのです。 なので、今は押し入れをクローゼット代わりに使っています。 今まで洋服を掛けることが、出来なかったので洋服がしまいやすくなりました。