【リフォームの声】壁や段差を無くすリフォーム

マンションの室内空間のリフォームを行ったことがあります。これは室内の壁や段差を無くすというリフォームで足が悪い方に向けてしたことを指します。

耐震性を維持したまま元々ある壁を取り去る工事になりますので規模としては一室そのままを丸ごと改築するので時間はかかりました。

その際に段差となる部屋のつなぎ目に関してはスロープを設けて段差をごまかすという手法で対応しました。

元々、祖母が所有しているマンションの方々が高齢になり、祖母自体も自己所有のマンションに住んでいることから実験としてリフォームを行い、ビフォーアフターを比較するという形で実験を行い、大々的に改修する前段階として行ったのです。

注意した点としては、マンション自体の耐久性を損なうことなく壁を取り払い工事を進めたということです