【リフォームの声】地震対策を考えてリフォームを行いました

最近、実家のリフォームを行いました。新築から30年近くにはなる一戸建ての住宅です。私も少し補助しましたが新築する予算まで用意することが出来なかったのでリフォームを選択しました。

リフォームした箇所は屋根と壁でした。最初は屋根だけにしようかと話し合っていましたが屋根だけ新しくすると何か変ですし、壁の傷みも目立っていたので一緒にリフォームすることにしました。屋根をリフォームしようと思った理由は地震対策でした。

実家は昔ながらの瓦屋根となっていました。瓦屋根の家が地震で倒壊している場面などを見て、重い瓦屋根を改善しようと以前から話に出ていました。大きな地震がまたいつ起きるか判りません。そこで、地震対策として瓦屋根を軽いスレートの屋根にリフォームしたのです。

スレートの屋根にリフォームした家は、外見からも屋根が軽くなったような印象があります。太陽の熱が室内に伝わりにくい効果を併せもっている屋根にしたので、夏の暑さ対策にも少しは有効なのではないかと思っています。同様に壁も断熱効果の高いものとしました。屋根と壁をリフォームしたことにより実家の外見はガラリと変わりました。新築とまではいきませんが、とても新しくなった印象を強く受けることができます。

屋根を軽くしたことにより、耐震性がかなり向上してくれているのではないかと思っています。見た目が新しくなった家を見て嬉しそうにしていた両親を見て、私もリフォームをして良かったと実感しました。