【リフォームの声】在来からユニットバスに変えたら暖かくなりました

私の家のお風呂は昔ながらのタイル貼りの古いお風呂でした。在来のお風呂でユニットバスではなかったので入口にも段差があり、手すりも無く、浴室暖房乾燥機も無く、寒くて使い勝手も悪かったのでリフォームをしようということになりました。

リフォーム前は浴室暖房乾燥機は必要ないと思っていましたが、実際に使ってみると大変便利で快適なのでつけておいて良かったなと感じております。お風呂に入る前に予備暖房をしておけばとても快適です。またランドリーパイプを2本にしました。標準だとほとんどのメーカーは1本しかついてませんが、2本にしといて重宝しております。その理由は、冬や雨の時など洗濯が外で干せない時に、ユニットバスの中で干すのですが、1本では全然足りないからです。

又、入口の段差が無くなり、手すりも付いた事で、おじいちゃんや子供がお風呂に安全に入ることができるようになりました。ユニットバスに変えて一番びっくりした事は、昔ながらの古い在来浴室より暖かさが全然ちがうということです。ユニットバスは断熱材が入っており、体感温度が全然寒くなく、また浴槽のお湯の温度も下がりにくく、水道代の節約にもなっております。昔ながらの在来浴室の方は、ぜひユニットバスへ入替リフォームをお勧めします。