【リフォームの声】問題は敷居の高さ

家のだいたいの敷居や、玄関などはかなり段差がありました。 子どもでも、つまづくぐらい段差があったので、危ないなと家族みんなが感じていたと思います。 家が古くなりリフォームするときに、段差のないものにするのは、みんなが賛成しました。

両親も年齢を、とっていくし段差は危険だと本当に感じていたのでいい機会だと思いました。 実際自分もたまにボーと、していたときに敷居に引っ掛かり何度も転けかけていました。 何度もこの敷居の高さはなんのためなんだろうと不思議に思っていました。

実際リフォーム後は、当たり前ですが敷居でつまづく事もなく、もちろん引っ掛かり転けかけてしまうということもなくなりました。今更ながら、本当に危ない家だったんだなと感じました。

住んでいるときは、しょうがないと感じていましたが、実際にリフォーム後は何でもっと早くしなかったんだろう。 敷居が高すぎだと本当に思いました。 多少高さがある方がいいとかも聞きますが、やはり、つまづくほどの敷居は危険だと思いますし、危なすぎると思います。

やはり、安心して住めるのは本当いいなと感じています。 たまに体が前の敷居の高さを覚えていて、必要以上に足を上げてしまうときがあります。 そんなときに、ふと敷居の高さを思い出します。