【リフォームの声】和式トイレの段差を解消して洋式に

バリアフリーのリフォームを行いました。

実家のリフォームは、大きな段差があったトイレです。他にも70代の両親が生活するにはちょっと不便と思う箇所がいくつかありますが、特にトイレが不便だったようです。

確かにリフォーム前の実家のトイレは和式で、40センチくらいある段差を上って用を足すような作りになっていました。あの段差が何のためにあったのかは私には分かりませんが、私がまだ幼い頃はトイレの段差の高さに戸惑ったこともありました。

実家が建てられたばかりの今から40年ほど前は両親も若く、できるだけ安い費用で家を建ててしまい後になってトイレの作りに後悔したと言っていました。

70代の両親には、高い段差を上がる事・一度和式トイレにしゃがんで用を足してから立ち上がる事が苦痛だったようです。確かに、足腰が弱ってきている両親があの段差を簡単に登れるとは思えませんでした。

リフォーム後は洋式のトイレになり、毎日とても楽だと喜んでいます。ついでにお風呂場と台所にあった低い段差もリフォームしてもらい、今では実家は完全にバリアフリーになり高齢者向きの家になっています。

3ヵ所のバリアフリーリフォームだったので費用はかなりかかりましたが、引っ越しや新たに家を建てることを考えたら慣れた所に住める方がいいということで両親とも大満足しています。