【リフォームの声】効率性から安全性へ バリアフリーリフォームをして分かった目線の違い

高齢になった祖母と同居することになり、廊下とトイレとの段差をなくしフルフラットにするついでに、トイレのリフォームも行うことにしました。

リフォームの前は、5cm前後の段差をまたぎ、タイル張りのトイレに入る際にはスリッパも仕替えますが、どうしてもスリッパが滑りやすく足腰の弱い祖母の場合は非常な危険な場所になります。 また男子用の小便器と洋式便器の二つがありましたが、男子の小便器を廃止し広さを十分にとることで、車いすになった際も内部で回転が余裕でできるように考え、床材も車いす対応のものに変更しました。

最初はリフォーム前はバリアフリーにしても、洗浄性の効率の良さからタイル張りでと考えていたのですが、高齢者がいるだけで視点が安全性へシフトし、トイレ内でもし転倒しても頭部等を強打しないように、比較的柔軟な床材で施工しました。

と同時にうれしい誤算が一つあり、寒い冬の朝や夜にも凍えるような寒さだったトイレが、クッション床材のおかげで若干の保温性が生まれ家族全員暖かくなったと喜んでいます。リフォームやバリアフリーを考えている方も多いと思いますが、まずは利便性よりも誰のためのバリアフリーなのかを考えることで、若い世代でも高齢者でも使い勝手の良いものに変わります。