【リフォームの声】光沢があるツヤツヤの明るい壁に

築15年のマイホームの壁は、手で触るとチョークの粉っぽいものが手につくようになり、そろそろ外壁塗装の時期だなぁと感じていたので、相談してみました。

壁は劣化してチョーク現象が起き、そして日陰部分はコケが生えていたので、外壁リフォームをして壁の劣化を抑えた方が良いということになり、見積もりを取り寄せました。

外壁リフォームは、下塗りを2回したあとにフッ素塗料で上塗りをしました。

リフォーム後はチョーク現象が改善し、光沢があるツヤツヤの壁になりました。実際、外壁リフォームをしてみると、壁の色も明るくして雰囲気を大きく変えることができたし、外出中も安心して作業を依頼できるようにしたことで、信頼できるリフォーム業者の方を利用することができました。

外壁リフォームをしたことで、壁の傷みも軽減できたしチョーク現象も改善してリフォーム後は心地よい日々を過ごせるようになっと感じています。