【リフォームの声】使用する本人が上手く使えるか話し合う

親が高齢になり、足元がおぼつかなくなってきたことから家のバリアフリー化を検討をはじめました。検討した内容は、風呂、トイレ、玄関、階段、リビングの床等です。

風呂やトイレについては親が使いやすくなるように、便器や風呂桶に変更と、体を支えるための手すり等を設置しました。また、風呂場の床面を滑りにくい素材に変えました。

風呂やトイレが新しく、使いやすくなり、家族全員に好評でした。また、高齢な親にとって、手すりなどが敷設されたことで使い勝手が良くなり、喜んでいます。

玄関や階段は、基本的には手すりを新設しただけです。このほか、リビングは段差を無くすリフォームをしたのですが、これは歩きやすくなったようで、実施した意味がありました。

このように、バリアフリーリフォームでは、使用する本人がうまく使えるかをよく話し合って、選択する必要があります。