【リフォームの声】介護を受ける側の目線でリフォームを

築30年近い自宅の風呂場を広げ、トイレに手すりをつけました。 同居していた祖母は晩年病気がちになり、自宅療養していました。 その為足の筋力が低下してしまい、歩行に簡単な介助が必要になりました。しかし、必要な箇所をバリアフリーにすれば、自立できることも多いと考えリフォームを決意したのです。

トイレは便座に向かうまでに手すりを。お風呂は狭かったので半畳ほど広げ、浴室の温度管理ができるよう、エアコンを設置しました。 また、浴槽に続く手すりと、バスタブの端に腰をかけられるスペースを設けました。 こうすることで手すりで移動、椅子に座る、バスタブのへりに腰をかける、入浴するという一連の動作を行えるようになりました。

またエアコンをつけたことで冬でも風邪をひくことなく入浴することが出来たと思います。 トイレは手すりを持ちながら少しずつ横へ平行移動し、便座に腰掛けていました。便座に腰掛けるまでに着衣の上げ下げなど簡単な介助はしていましたが、最後まで紙パンツを使用することなく排泄できたことは、祖母の尊厳を守る意味でも大きかったと思います。

そんな祖母も他界し、現在は手すりなどを使用する機会は少ないですが、母や自分もいずれ年老いてお世話になるかもしれない。 それを思えばリフォームしておいて良かったかなと思います。

これからリフォームを検討されている方は、介護を受ける方の尊厳を守るために必要なバリアフリーとは何か。 逆から考えて優先順位を検討すると良い結果に繋がりやすいですよ。