【リフォームの声】中古マンションを購入してリフォーム

マンションが連なるマンション団地で中古物件が案外安く売りに出されていたので、セカンドハウスとして購入しました。 購入時の住戸内は30年近く使われていたので、水廻りや和室、建具がひどい状態でしたが、リフォームを前提として購入したので、さほど気になりませんでした。

リフォームは予算の都合上、水廻りをメインに考え、余った予算で内装をと考えました。年代もののマンションでキッチンの幅が狭く、壁と壁の限られた空間に新しいキッチンを入れなくてはならなく、同じ寸法のものを探し設置しました。マンションの場合、水栓の位置やガス菅の位置が場合によっては変えられるのですが、このマンションは変えることができず、キッチンも購入時と同じようなミニキッチンになってしまいました。

同じような問題で浴室も今まではタイル貼りのような浴室で、今回はユニットバスをと思っていたのですが、ここもマンションの配管や部屋と部屋の間仕切りと呼ばれる壁を壊さないとユニットバスも大きくできないとのことで、今までの浴室の壁を壊しそこに入るギリギリのユニットバスを入れたかったのですが、逆にユニットバスの定型サイズがあって狭くなってしまったように感じます。ただし、キッチンも浴室も新しくは当然なったのとセカンドハウス利用だったので、我慢できる範囲でした。

内装は今までのクロスを全部はがし、リフォーム用の少し厚手のクロスを貼りました。一部コンクリートに直に貼らないといけない箇所があり、北面だと結露もコンクリート壁に付着することなどから、防カビ、耐久性のある種類のクロスを選びました。やはり冬場になると結露が発生し、そのクロスを触ると濡れるほどなので、クロス選びは慎重にしたほうがよいと思います。

マンションの床は直にフローリングを貼る直貼り工法と、床のコンクリートの上に束をたてて空間を作りその上にフローリングを貼る工法があるらしく、今回は直貼りだったので、フローリングを剥がすとコンクリートが現れました。直貼りではない工法であれば、床の空間に配管などを廻しキッチンの移動も可能だったのかもしれません。

しかし、各マンションには管理規約や使用細則があり、大規模な間取り変更や、模様替えを禁止しているマンションもあるみたいですが、今回は細かい規則がなかったので、出来る範囲のリフォームをしました。リフォーム前には、マンションの規約などもしっかり熟知しておこなわないと、やり直しみたいになりそうで、注意する点のひとつです。