【リフォームの声】両親を説得して屋根をやりましたが、最初にもっとイメージを話しておけばよかった

築30年以上経過する実家の屋根をリフォームしました。瓦も雨どいもかなりボロボロで、さすがに次の地震や今後の台風などが心配になり、両親と相談して決めました。

両親はやる前はあまり乗り気ではなかったのですが、いざリフォームが始まり、徐々に瓦が綺麗に張り替えられていくのを見て、お金はかかるけどこれはやって正解だったと前向きな反応に変わりました。

年をとると変化することにネガティブで今のままでいいやという思考が増えるようですが、やはり改善されていくのは気持ちがいいようで、放っておくと危険な状態だったので受け入れてくれて私もほっとしました。

瓦のついでに雨どいもやったのですが、こちらは値段がそこそこ高くついた割にそこまで印象が変わらなかったのでしなくてもよかったかなと、コスパ的にちょっともったいない印象をうけました。

両親としてはついでに壁もやりたかったなどと言い始めて、最初からもっと完成図などを見せてポジティブなイメージをつけさせておけばよかったと思いました。足場組み立てなどの都合で、再度依頼するとまた割の悪いことになるので今回は見送ることにしました。

これからリフォームする方は、最初に屋根、壁、雨どいなど、いくつか合わせて見積もりをとってみることと、完成予想図や他のおうちの実績などのビフォーアフターを見て検討するとよいかなと思います。