【リフォームの声】両親からバリアフリーを学んで工事しました

夫の両親が暮らしていますが、高齢になっています。住んでいる家は義父が建てたものですが、もう40年以上経っています。

そこで、私たちが費用の一部を負担してリフォームすることにしました。リフォームするにあたって、どこをどうするかの相談をしたら若いころには何でもなかった動作が年を取るとたいへんになっていると両親が話すのを聞いて、単なるリフォームではなくてバリアフリーのリフォームを考えようということになりました。

単なるリフォームだと、例えば廊下の壁紙が古びてきたから新しいものに貼りかえるといった感じだと思いますが、両親のためには手すりを付けることにしました。夜中にトイレに行くときに転ばないようにというバリアフリーです。

床も和室と廊下の境に段差がありましたが、ちょっとした段差にも足がつっかかると危ないので、あちこち段差を無くしました。お風呂も着替える場所が冬寒かったので、お風呂自体を新しくするのと同時に改善しました。

すっかり生まれ変わった家で、両親は安心して暮らせるようになったと喜んでいます。両親のためのバリアフリーのリフォームでしたが、私たち夫婦もいずれ自分たちの家をリフォームするときに参考になったと話し合いました。