【リフォームの声】リフォームは計画的に。我が家の塗装リフォーム体験

我が家は築年数30年になるいわゆる洋風住宅です。建てた当時は和風建築が主流な日本でしたが、ちょうどすこし前くらいから洋風建築の波が来ていたのです。屋根は瓦ではなくコロニアル。外壁はサイディングでした。しかし、年数が経てばやはりリフォームが必要なのは当たり前です。エアコンの効きが悪くなっていた事もあり、まず塗装をやり直してもらう事にしました。

使用していただいたのは断熱塗装というらしく、塗布するだけで断熱性能が上がるという優れものでした。ついでに外壁部分も塗装をしてもらい新築の様な状態になりました。塗装は10年程度で塗り替えた方がいいとの助言もいただきました。元々あまり従来のカラーが好きでは無かったので、私好みの色にしてもらって満足しています。さらにバルコニー部分の防水塗装がとても劣化が進んでいるとの事で、こちらも塗り替えをしてもらい、尚且つ水の流れが良く無かったので一箇所だった雨樋を二つ設けていただく事により排水効率も良くなりました。

終了した今となってですが、ついでにバルコニー部分に屋根などを組んで頂きたかったなと後悔はあります。ベランダと違いバルコニーは屋根が無いので、洗濯物の干し場に困るのです。30年間過ごしてきたとは言え、こうして一度リフォームを始めると次から次へとやりたい事が出てきてしまいますね。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。参考になれば嬉しいです。