【リフォームの声】リフォームは始める前の準備が大事

一緒に同居している母親が70台に突入し、お風呂に入るのが困難になり、何か事故があってからでは遅いのでバリアフリー仕様にするようにリフォームすることにしました。廊下と台所へのドアの部分の段差をなくしたり、お風呂や廊下に手すりを設置したり、玄関にスロープを設置するなどの工事をしてもらいました。

リフォームの結果杖を母が自分の部屋や玄関に忘れても手すりを使うなどしてスムーズに移動できるようになり、お風呂も手すりに摑まれば、困難なく自分で入ることができるようになったため、介護士さんや私がいなくてもひとりで家の中を移動できるので安心して外出しやすくなりました。

リフォームはお金を気にしすぎて下手に手を抜くとトラブルから余計な出費と家族のけがなどを招く可能性があります。ですので事前に何が大変で誰がどういうものを求めているのかを家族内でよく相談してからリフォームを考えるべきです。ちゃんと意思疎通をしてからリフォームをしないと業者さんにも家族にも迷惑がかかるのでご注意ください。そうやって決めたものからプロの目線でどうすればいいのかを聞いてそれに従うのが大事なのだと私は考えます。

リフォームは大きな出費がかかりますので、始める前の準備が大事ということですね。