【リフォームの声】リフォームで相見積もりの大切さを

実は、我が家では20年間以上も使用していた集中型の電気温水器が、愈々もって水漏れを起こしてきたんです。 電気温水器というのは動力源の200ボルトの電源を利用して電気ヒーターでお湯を沸かす装置になりますが、其れが鉄製に塗装を施したもので、ある部分の塗料が剥がれてサビが発生し、其処からジワジワと水漏れを起こしていたのです。

そこで、此の電気型の給湯設備をどのようなものに交換したり取替えたりして、リフォームしたら良いかということを思案いたしました。 取り敢えず電気の関係ですから地元の電力会社に色々と聞いてみたところ、今までが200ボルトの電気仕様ということですからそのままの状態で、最近は鉄製でなくステンレスのものも出回っているのでいかがでしょうか、という返事というか相談を受けたのです。

そして、結局はリフォームとして新型の電気温水器(日立のステンレス製)を指定して、地元の設備屋さんに見積もり依頼をしたのです。 そして、早速ながら同業者三社に同じ電気温水器の同一メーカー、ほぼ同一製品の設置見積もりを取ったところ、凡そですが14万とか17万、21万円という見積もりが出されて、其々に格差が出たのです。

勿論、製品そのものや工事内容に関しては同一とみて、14万円という最安値の業者にお願いしました。 実際のところ、解体工事を含めた解体搬出費用などは少々時間と費用がかかりましたが、それらの撤去費用を含めると14万円という、最安値でも立派な工事をしてくれましたし、完成したその後も現在では何の問題もなく使用しているのです。

それにしても、やはり各社併せた相見積もり(見積を複数の業者から取る方法)の大切さを実感した次第です。