【リフォームの声】ユニットバスやお風呂場をリフォームするメリットは大きい

リフォームするきっかけは、冬場などどんなに脱衣所などで事前に遠赤外線ストーブをつけていても、バスルームから脱衣所までが寒くて体を壊しそうだと懸念したからです。 ヒートショックを予防するために、お風呂場をリフォームすることにしました。

ユニットバスに変えて、なおかつ床や壁もタイルから保温性が高い素材のものへと取り替えることにしました。リフォームしてみて一番違いを感じたのは、深さは前より浅くなったのですが、その分足を伸ばしてもたれかけることができるようになり、バスルームがとても居心地のい空間になった点です。 また、お風呂のお湯が冷めにくくなったのも節約になるのでよかった部分です。

これまでは寒いからと駆け足でカラスの行水のように、お風呂を済ませてしまうこともありました。 けれど今ではお風呂の時間もとても楽しくなり、家族全員長風呂になってしまってます。家族には高齢者もいるのでヒートショックの心配が減ったのも安心ですし、マットを引かなくてもお風呂場に足をつけたときにひんやりしないのも快適です。

お風呂場はほとんど家族しか使わない場所なのでリフォームは余程のことがない限り後回しにしがちですが、家族が頻繁に使う場所だからこそリフォームをした恩恵は大きいと感じます。