【リフォームの声】マンションをリフォーム 引き戸は吊り下げ式に

マンションの一部屋を比較的安く買えましたが、築年数が30年であったため内装は汚れ、トイレ、キッチン等の設備も古かったです。また間取りについてもやはり古いかんじでしたので、今の生活パターンにあるよう変える必要がありました。

隣人や、上の階の物音も多少聞こえましたので、防音材を設置すること必要も感じました。 ですので引っ越し前に壁、天井、設備を含め全体をリフォームすることにしました。

リフォームでまず気を付けたことは、どこにコンセントを付けるのか、照明の位置はどこにするのか等を細かに決定していきました。そうしないと特にコンセントの位置等は適当につけられてしまうケースもありますので注意が必要です。

また、引渡し前にキッチンの扉がキチンと開くかなどは自分で確認された方が良いです。実際私の場合は、キッチンの扉が巾木と干渉してしまい開きませんでした。私のマンションの場合は工事車両用の駐車スペースがありましたので、材料搬入等に問題はありませんでしたが、工事音はしますので、上下左右の住民には許可を事前にとりました。

ドアを引き戸にする場合、マンションでは必ず吊り下げ式にすることです。戸車しきにしてしまいますと「ゴロゴロ」という音がかなり大きくしてしまい、下階の住民とのトラブルの原因ともなりかねません。