【リフォームの声】マンションのキッチンリフォームをしたときの話

我が家のキッチンをリフォームしました。 きっかけは、暗さが気になったからです。 リフォーム前のキッチンは古い作りで、半独立で電気をつけないとかなり暗く、また、独立しているため立っていると子供の様子がわかりにくかったり、私自身が誰ともコミュニケーションを取れなくなってしまうのも嫌でした。

そこでオープンキッチンに大幅リフォームすることにしたのです。 リフォーム自体は1週間かからないくらいで終わりだったのですが、短い期間とはいえやはり音はうるさくなってしまうので、あらかじめ隣のお宅へは連絡をしておきました。

また、なるべく気にならないように、日中の10時から午後4時までと短い時間で少しずつ作業をしてもらうことにしました。 リフォーム中は使用できないので、我が家は義実家が近所だったのでそこでしばらくお世話になりました。

リフォーム後は明るくなって、ダイニングとの間を仕切っていた壁もなくなって以前より部屋全体が広々とした感じになり大満足でした。 あと、念のためお隣の人には工事が終わったことの連絡と一緒にお菓子を持って改めてお礼を言いに行きました。

お隣さんは優しくて気にしていないようでしたが、やっぱり工事の前だけでなく終わった後の連絡も今後のためにも必要だと思います。 これからリフォームを検討している方は、まずは隣近所への騒音についてきちんとお話をしておくことが大切だと思います。

工事の時間を考えたり少しでも迷惑にならない方法をきちんと考えてからリフォームに取り掛かるとお互いに安心です。 周りへの気遣いをきちんとして、理想のおうちを手に入れて欲しいと思います。